2014年07月16日(水)

年少の様子

早いもので、1学期もあとわずかになりました。
各ご家庭では、夏休みの楽しい計画などが進んでいることと思います。
年少のお友達にとりましては、入園以来初めての長期のお休みになりますね。


入園当初に比べて、どのお友達も、心も身体もぐんと大きくなってしっかりしてきたように思います。そこで、年少組さんの 最近の様子を少しご紹介いたします。



はだし保育が始まり、園内では「健康ぞうり」を履くようになりました。
最近の子どもは歩くことが少なくなり、土踏まずの形成が遅れていると問題にもなっています。
最初のうちは、鼻緒を挟むのが難しく、すぐに脱げてしまったり、つまずいてしまうこともありましたが・・・
今ではスムーズにはけるようになりました。動きもスムーズになってきました。


小さいお友達が履いてる姿は、とても可愛らしいです。




今月の園便りでもご紹介しておりますが、園全体で「座り方をもう一度見直そう」と、
「立腰」を心がけています。

「立腰」とは哲学者・教育者であられる森信三先生が提唱された、腰骨をいつも立てて曲げないようにすることにより、自己の主体性の確立をはじめとした人間形成を実現する、極めて実践的な方法です。


立腰の効果として、

○やる気が起こる
○集中力がつく
○持続力がつく
○行動が俊敏になる
○内臓の働きが良くなり、健康的になる
○精神や身体のバランス感覚が鋭くなる
○身のこなしや振る舞いが美しくなる  などなど・・・・


年少のお友達は常に意識して姿勢よく座ることが難しいですが、補助枕を後ろにおいて、座るようにしています。

「背中ピッ!なっていますか?」

だんだんに、きれいな姿勢で座れるようになりました。



大きい組さんはこのわずかな期間で、随分姿勢が良くなりました。




はさみを使う活動も取り入れています。
入園時は、はさみの持ち方を知らなかったお友達も、自由に好きな形を切ったり、線の上をはみ出さないように、丁寧に切ることが出来るようになってきました。

「上手に切れた~」と子どもたちも嬉しそうです。

長い夏休み、ご家庭でも色々なことにチャレンジさせてあげて下さいね。

みんな、好奇心いっぱいですから。

2014/07/16 15:27 | 年少の様子

ページトップ

Copyright © りゅうせん幼稚園 All Rights Reserved.